教員の研究紹介
佐山 三千雄

生体情報システム科学専攻 Major of Biological Information Systems

環境汚染物質の毒性発現
Development of toxicity of environmental pollutants
Michio Sayama生命情報工学 Biological Information Engineering
佐山 三千雄 Michio Sayama

研究の背景と目的 Background and Purpose of Study

環境汚染物質の毒性発現というテーマで研究を始め、主に薬物代謝の研究を行ってきた。代謝研究の手法を用い、全く未知の生体触媒(酵素)の発見と精製および、酵素や微生物を用いた有機合成への応用研究を行っている。


I started the investigation named "the expression of toxicity of environmental pollutant" and mainly engaged in the metabolism of xenobiotics. Using the techniques of metabolism study, I engaged in discovery of new biocatalysts (enzymes) which nobody discovered and purification of it, and applying to organic synthesis using enzymes and microorganisms.

研究内容

発癌・変異原物質である dinitrotoluene の代謝と毒性発現の関係. 発癌物質 diaminotoluene の代謝活性化反応に関わる酵素の精製と特性. バナナの皮の有効利用(含まれる酵素の精製と特性、バイオエタノールや乳酸への転換、皮を利用したパン作り) 微生物・酵素を利用した光学異性体の分離と合成

タイトルとURLをコピーしました