教員の研究紹介
黒澤 信幸

生体情報システム科学専攻 Major of Biological Information Systems

成人T細胞白血病発症機構の解明
Molecular analysis of adult T-cell leukemia/lymphoma
Nobuyuki Kurosawa生命情報工学 Biological Information Engineering
黒澤 信幸 Nobuyuki Kurosawa

研究の背景と目的 Background and Purpose of Study

我々は、ATL 発症に至る間に蓄積されたジェネティカル及びエピジェネティカルな変異の中から、ATL 症例に共通に認められる腫瘍化因子を同定し、本遺伝子発現の脱制御化がいかにして発ガンプロセスを進行させるか、その分子機構を解明することを目指している。


Adult T-cell leukemia or lymphoma (ATLL) is an aggressive malignant disease of mature CD4+ T lymphocytes cells. Human T-cell lymphotropic virus type I (HTLV-1) causes ATL in a small percentage of infected individuals after a long latency period of years. Based on the long clinical latency and the low percentage of individuals who develop ATL, progression towards ATL is believed that progression towards ATL can presumably proceed only if a mutation, that abrogates one of the important cellular checkpoints, occurs. Thus, the cellular genes specifically inactivated or activated in HTLV-I associated cells are good candidates to be examined for their possible involvements in ATL genesis. Whereas numerous such genes have already been identified in ATL, no candidate transcriptional regulator gene has yet been identified to play a role in ATL genesis

本研究の領域横断性

我々の研究室では微量試料からのハイスループットな遺伝子解析・発現システムを開発しており、遺伝子工学をベースとした物作りに協力することができると考える。

研究内容

我々は、ゲノム上に蓄積された多数の遺伝子異常の中から腫瘍化因子を同定するための重要な手がかりとして、ATL 細胞に認められる多彩な染色体異常に着目した。そして、「染色体異常好発部位近傍に存在する遺伝子」が、ジェネティカル及びエピジェネティカルな変異を受ける候補腫瘍化因子であるとの作業仮説を立て研究を行ってきた。 ATL 細胞に認められる染色体異常は血液系腫瘍としては極めて複雑であるが、ATL 試料の大規模網羅的な染色体解析を行い、ATL に好発する数カ所の染色体異常集積領域の同定に成功した。現在当該領域より同定された候補遺伝子の機能解析を行っている。

参考文献

  1. Minimum length of homology arms required for effective Red/ET recombination. Fujimoto R, Osakabe T, Saito M, Kurosawa N, Isobe M. Biosci Biotechnol Biochem. 2009, 73, 2783-6.
  2. TCR variable gene involvement in chromosome inversion between 14q11 and 14q24 in adult T-cell leukemia. Haider S, Hayakawa K, Itoyama T, Sadamori N, Kurosawa N, Isobe M. J Hum Genet. 2006, 51, 326-34.
  3. Molecular characterization of a novel translocation t(5;14)(q21;q32) in a patient with congenital abnormalities. Haider S, Matsumoto R, Kurosawa N, Wakui K, Fukushima Y, Isobe M. J Hum Genet. 2006, 51, 335-40.
  4. Abnormalities caused by carbohydrate alterations in Ibeta6- N-acetylglucosaminyltransferase-deficient mice. Chen GY, Muramatsu H, Kondo M, Kurosawa N, Miyake Y, Takeda N, Muramatsu T. Mol Cell Biol. 2005, 25, 7828-38.
タイトルとURLをコピーしました