令和2年度異分野基礎実験体験実習報告 No.2

実験題目:マウス脳凍結切片作製&蛍光多重免疫組織化学解析

実施担当者:認知・情動脳科学専攻,分子神経科学(医学)

      森 寿 教授、井上 蘭 助教

実施日:10月12日(月)~14日(水)

実施場所:分子神経科学講座実験室

受講人数:2名

使用動物:野生型ならびにセリンラセマーゼノックアウトマウス

試薬:一次抗体:抗セリンラセマーゼ抗体、抗-NeuN抗体(神経細胞マーカー)、抗-GFAP抗体(アストロサイトマーカー)

二次抗体:Donkey anti-rabbit IgG Alexa 488, Donkey anti-mouse IgG Alexa 594

DRAQ5(核染色試薬)

【実施内容】

1日目:麻酔後マウス組織の灌流固定、脳摘出 

2日目:凍結脳切片作製、二重蛍光免疫組織化学(一次抗体反応)

3日目:二重蛍光免疫組織化学(二次抗体反応)、封入

共焦点レーザ顕微鏡を用いて結果観察

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました