令和2年度異分野基礎実験体験実習報告No.3

実験題目:NetLogoを用いた生体の行動進化シミュレーション

 実施担当者:認知・情動脳科学専攻・解剖学神経科学(医学)

      一條裕之 教授・中村友也 助教

実施日:20201111()

実施場所:医薬イノベーション棟4F解剖学 研究室2

受講人数:2名

実施内容:(数行程度で記入してください。)

NetLogoは自然現象や社会現象をシミュレーションするためのオープンソースソフトウェアである。これを用いて、被食者-捕食者が共存する世界をプログラミングし、簡単な行動をプログラムして、ソフトウェアの利用方法を体験し,進化メカニズムを探るために利用されることを理解する。プログラムについての知識は必要としない。

タイトルとURLをコピーしました