教育部長の挨拶

生命融合科学教育部長 井川 善也

生命融合科学教育部は、富山県内の3大学の統合(2005年)に伴う、新たな富山大学の誕生と同時に発足しました。本教育部は、医学・薬学・理学・工学の4つの学系に所属する教員が結集して生命科学関連分野の教育を行う、日本初の大学院博士課程であり、分子・細胞レベルの生命現象から、次世代創薬、高度医療開発までを抱合した学際融合的な生命科学の研究と教育を、そのミッションとしています。
本教育部は、認知・情動脳科学専攻、生体情報システム科学専攻、先端ナノ・バイオ科学専攻の3専攻で構成され、それぞれの専攻では、医・薬・理・工の各学術分野における専門的・先端的な立場から生命科学の教育を行うと同時に、4つの分野の融合的な視点に立って、学際的な新領域の開拓につながる技術や理論を修得できるよう、「異分野体験実習」などの幅広い教育を実施しています。さらに本教育部には、医薬理工の各分野で世界的レベルの研究成果を挙げている研究者が所属しており、大学院生の皆様には高度な研究を通じた先端教育を楽しんで頂けると確信しております。
本教育部は、これからの高度医療、次世代創薬、生命環境科学など、社会の要請に応え得る人材、また学際的な能力を活かして生命科学分野で活躍できる自立した研究者の育成を目指しております。皆様が大学院に入学され、富山大学のキャンパスでお会いできることを願っております。

タイトルとURLをコピーしました