富山大学大学院 生命融合科学教育部(博士課程)

生命融合科学教育部 概要

富山大学大学院生命融合科学教育部(博士課程)は,生命システムの解明からその健康維持,支援に関わる物質,機能材料,情報・機械システムの開発までを視野に入れた見識と専門分野における高度な知識および先端技術を習得することによって,これからの高齢化福祉・高度医療,生命環境等社会の要請に応え得る人材を養成することを目的とし,多角的な研究および教育を行っています。
博士号の学位を取得することが可能な博士後期課程として,以下の3専攻があります。

認知・情動脳科学専攻
基礎医学、臨床医学、人文社会学など学際的なアプローチにより、高度医療人や先端的な脳科学者の育成を目的とし、人間らしさの科学(心の総合科学)の構築を目標としています
認知・情動脳科学専攻 概要はこちら
生体情報システム科学専攻
医学系、薬学系、生物学系、生命工学系、生体工学系、情報工学系が連携して、ミクロレベルでの生体情報システムの解明と、その応用に関する最新教育を行います。
生体情報システム科学専攻 概要はこちら
先端ナノ・バイオ科学専攻
高機能性バイオナノ界面、ナノスケール分子集合体、微量金属イオン含有ナノ錯体などの構築とその機能開発やケミカルバイオロジーを中心に、医学・薬学、生命科学、物質科学との接点であるナノ・バイオ領域を科学します。
先端ナノ・バイオ科学専攻 概要はこちら
タイトルとURLをコピーしました