本文へジャンプ
文字サイズ
標準 120% 150%

  講演会・セミナー開催案内

令和元年度講演会・セミナー開催案内

2019年12月

「難治性掻痒症治療薬ナルフラフィンの研究・開発とオレキシン受容体拮抗薬の設計・合成
講師:長瀬 博 先生
筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 特命教授
日時/2019年12月20日 (金)16:30~18:00
会場/富山大学 五福キャンパス 工学部大会議室
世話人/豊岡 尚樹
PDFファイル 講演ポスター(684KB)

画像:講演の様子 【セミナー報告】
参加人数:約50名
本公演では、オピオイドκ(カッパ)受容体作動薬であるナルフラフィンの開発に関する内容から始まった。ナルフラフィンは腎透析患者等の重篤な痒みに対して著効を示す優れた医薬品である。競合他社のκ(カッパ)受容体作動薬が軒並み重篤な副作用である薬物嫌悪性によってドロップアウトする中、ナルフラフィンのみが薬物嫌悪性を発現しないことに対する機序に明確な回答を示す一方で、本研究でナルフラフィンが現在極めてホットな薬物開発ターゲットであるオレキシン受容体に対して拮抗作用を示すことを見出した。この発見を足がかりとして、本拮抗作用を100倍向上させたYNT-1310の開発に繋げた。また世界初のオレキシンアゴニストの開発にも成功されている。これらの過程を大変わかりやすく解説いただき、しかもこの一連の研究は長瀬先生が製薬企業からアカデミアを通して一貫して行なってこられた成果であり、創薬化学者のみならず有機合成化学者、薬理学者にとっても極めて示唆に富む講演内容であった。(報告者:豊岡 尚樹)
 

「炎症と糖鎖」
講師:小林 基弘 先生
福井大学医学部腫瘍病理学講座 教授
日時/2019年12月9日 (月)17:00~18:00
会場/富山大学 杉谷キャンパス 医学部 研究棟2階 ゼミ室
世話人/笹原 正清
PDFファイル 講演ポスター(684KB)

画像:講演の様子 【セミナー報告】
参加人数:約25名
リンパ節,扁桃,パイエル板といった二次リンパ組織の実質を構成するリンパ球は,輸出リンパ管から胸管を経て血管系に入る。その後リンパ球は,血流に乗って二次リンパ組織に辿り着き,そこに存在する特殊な血管を通過して再び二次リンパ組織の実質に戻る。この現象は,北太平洋で大きく育ったサケが産卵のために自分の生まれた川に帰巣(ホーミング)する様子に似ていることから,リンパ球ホーミングとよばれる。 リンパ球ホーミングは多段階の分子シグナルによって精密に制御されており,末梢血中のリンパ球が発現するセレクチンと二次リンパ組織の高内皮細静脈(high endothelial venule; HEV)の内腔面に発現している硫酸化シアリルルイスX糖鎖との比較的弱い結合によりHEV内腔面を転がる(ローリング)ことで速度を落とす。次にリンパ球表面のインテグリンが,HEV内腔面に発現しているICAM-1,VCAM-1,MAdCAM-1と結合することで,リンパ球はHEV内腔面に強固に接着する。そして最後に,リンパ球は血管内皮細胞の間隙から血管外の二次リンパ組織実質に遊走することについてご講演いただいた。 さらに,このリンパ球ホーミング機構が二次リンパ組織における生理的なリンパ球ホーミングのみならず,種々の慢性炎症性疾患の病態形成にも関与しているという最新の研究結果について詳細にご講演いただき,慢性炎症性疾患の炎症巣におけるリンパ球浸潤の制御機構について新たな知見を学ぶことができた。(報告者:山本 誠士) 
 

2019年10月

「ペリサイト消失網膜における炎症とバリア破綻
講師:植村 明嘉 博士
名古屋市立大学大学院医学研究科 網膜血管生物学 教授
日時/2019年10月10日 (木)17:00~18:00
会場/富山大学 杉谷キャンパス 薬学部 研究棟II(新棟) 7階 セミナー室8
世話人/山本 誠士
PDFファイル 講演ポスター(684KB)

画像:講演の様子 【セミナー報告】
参加人数:約30名
植村明嘉先生のご発表では、中枢神経系の毛細血管壁において、ペリサイトと内皮細胞が協調して血液脳・網膜関門を構築し、神経組織の恒常性を維持しているが、糖尿病網膜症では、ペリサイトの消失が病態進展に深く関与していることを指摘された。しかし、糖尿病網膜症疾患モデル動物では、いかに血糖値を上げようとも、ヒトでみられるような網膜病変は観察されない。 そこで、植村先生の研究グループでは、生後間もないマウスに抗PDGFRβ抗体を投与して網膜血管壁のペリサイトを消失させることにより、糖尿病網膜症と同様の血管異常を再現するモデルを確立したとのことである。それらモデルマウス網膜では、ペリサイトが消失しており、内皮細胞の炎症反応、マクロファージ浸潤、血管壁透過性亢進が連続的に惹起され、劇的な浮腫をきたして神経組織構造が破綻することを紹介された。 また、ペリサイト消失網膜から精製したマクロファージの網羅遺伝子発現解析では、多数の膜型・可溶型シグナル分子が同定され、網膜色素上皮細胞のバリア機能を破綻させる可能性が疑われる分子の同定に成功し、創薬研究を進めていることをご紹介いただいた。
 

2019年9月

「mRNA品質管理機構の分子機構解明と疾患治療への応用」
講師:山下暁朗 博士
横浜市立大学 医学部分子生物学教室 准教授
日時/2019年9月17日 (火)17:00~18:00
会場/富山大学 杉谷キャンパス 薬学部 研究棟II(新棟) 7階 セミナー室8
世話人/井川 善也
PDFファイル 講演ポスター(684KB)

画像:講演の様子 【セミナー報告】
参加人数:約35名
真核生物では、ナンセンス変異が存在するmRNAを積極的に分解排除することで正常なmRNAとタンパク質の発現が保証されており、その機構はナンセンス変異依存性mRNA分解(NMD: nonsense-mediated mRNA decay)とよばれ、その普遍性と分子機構の解明が最も進んだmRNA転写後制御機構である。本セミナーでは、NMDの分子機構の中心因子であるSMG-1タンパク質の解析を中心に、山下先生ご自身の成果を中心にNMD研究ご紹介をいただいた。NMDは正常細胞のみならず、がん細胞においてもその生存に重要であるが、がん抗原の多くがNMDを逃れたフレームシフト変異mRNA由来であることが明らかとなってきた。フレームシフトmRNAは異常終止コドンを生じNMDにより排除されることから、がん細胞のNMD阻害はがん免疫の賦活化を誘導すると期待されため、がん免疫療法におけるNMD阻害薬についても紹介いただいた。本セミナーには杉谷だけでなく五福からも多くの参加者があり、活発に質疑応答がなされた。(報告者:井川 善也)
 

2019年7月

「Activation of Inkjet Printed Cells Enhances Microvasculature Formation in Host Tissues.」
講師:Thomas Boland先生
University of Taxas at El Paso(USA)(テキサス大学)
日時/2019年7月23日 (火)10:30~11:30
会場/富山大学工学部・大会議室
世話人/中村 真人
PDFファイル 講演ポスター(684KB)

画像:講演の様子 【セミナー報告】
参加人数:約50名
Prof. Thomas Boland は、世界に先駆けて、細胞プリンティングの研究を始め、「Bioprinting & Biofabrication」の研究を世界に啓蒙してきたパイオニアとなる研究者である。 今回のセミナー講演では、インクジェットで吐出した細胞は移植した生体内で血管新生を促進する、という現象を見出し、そのメカニズムを探索する研究の成果が話された。血管新生は再生医療ではきわめて重要な課題であるが、細胞への熱刺激が血管新生に有効に作用することが示され、今後の応用と発展性が期待される。
(報告者:中村 真人)
 

平成30年度講演会・セミナー開催案内

2019年2月

「マウスを用いた多角的睡眠研究
          ~夢のメカニズム理解に向けて~」

講師:常松 友美 先生
東北大学 学際科学フロンティア研究所
日時/2019年2月28日 (木)17:30~18:30
会場/富山大学杉谷キャンパス 薬学部研究棟Ⅱ7階セミナー室8
世話人/西丸 広史
PDFファイル 講演ポスター(113KB)

画像:講演の様子 【セミナー報告】
参加人数:42名
睡眠は、動物界に広く保存されている普遍的な生理学的現象の1つで、これまでに多くの研究者がそのメカニズムや生物学的な意義の解明に挑んでいますが、未だにわからないことが多く残されています。例えば、私たちヒトは睡眠に一生の約三分の一を費やすことになるにも関わらず、なぜ私たちは眠らなければならないのか?あるいは、なぜ私たちは睡眠中に夢を見るのか?といった根源的な問いに答えることができていません。今回のセミナーでは、この命題に取り組んでいる東北大学学際科学フロンティア研究所の常松友美博士に、マウスを動物モデルとした最新の実験的アプローチによる、睡眠/覚醒の神経機構に関する研究成果についてご発表頂きました。はじめにご紹介いただいたのは、視床下部外側部に位置するオレキシン産生ニューロンとメラニン凝集ホルモン(MCH)産生ニューロンの生理機能に焦点を当てた研究で、最新のオプトジェネティクス技術を用いて、これらのニューロンが睡眠/覚醒状態を切り替えるのに極めて重要な役割を担っていること示されました。次に、最新の大規模細胞外記録技術を用いて、夢と関係が深いとされるponto-geniculo-occipital(PGO)波の発生メカニズムと生理機能を調べた研究をご紹介いただきました。シリコンプローブによる神経活動記録技術により、マウスの脳において、最大数百個のニューロンを同時に記録することで、PGO波が睡眠時の脳領域全体の状態に依存した協調活動に関与していることを発表されました。以上のように、今回の講演では脳のそれぞれの領域がどのように機能し、協調することで睡眠覚醒を制御しているのかをという問題に関して、ニューロンからネットワークのレベルまで多くの示唆に富んだ研究成果をご紹介いただき、参加した多数の大学院生および教職員と活発な議論が行われました。(報告者:西丸 広史)
 

2018年11月

「ディスプレイ法を利用したRNAとペプチドの共進化実験」
講師:藤島 皓介 先生
東京工業大学地球生命研究所(ELSI)
●「光合成生物の長波長光利用のためのバクテリオクロロフィル合成機構」
講師:塚谷 祐介先生
海洋研究開発機構(JAMSTEC)、海洋生命理工学研究開発センター
日時/2018年11月12日 (月)16:30~18:00
会場/富山大学五福キャンパス 理学部 A424講義室
世話人/井川 善也、松村 茂祥
PDFファイル 講演ポスター(235KB)

【セミナー報告】
参加人数:30名
近年の生命科学の発展は、天然の生物の大幅な改変にとどまらず、全く新たな生命の創造をも視野に入れた、「合成」生物学の勃興をもたらしています。この分野では近年、生命の起源を実験的に再現し検証する試みが始まっています。本セミナーでは、この新しい研究の潮流を紹介していただくべく、2名の講師の先生にご講演いただきました。前半では、藤島皓介先生(東工大ELSI)がまず、「地球型」の生命に限定されない、より一般的な生命を考える「宇宙生物学(アストロバイオロジー)」について解説され、次いで、生命を構成する2大高分子である核酸(RNA)とタンパク質(ペプチド)を試験管内で人工的に共進化させる実験を通して、2種類の高分子がどのように相互作用して進化し得たのかを探求する試みについて、ご紹介いただきました。後半では、塚谷祐介先生(JAMSTEC)が、始原的な光合成を行う光合成細菌がどのような遺伝子・合成経路によってバクテリオクロロフィル色素を合成し長波長域の光を利用しているのか、また、進化分子工学を用いて色素合成タンパク質を人工的に進化させ、色素の光学特性を改変する試みについて、ご紹介いただきました。
  画像:講演の様子

本セミナーには生物学、化学、RNA科学、進化学などの分野から多数の研究者・学生が参加し、講演後の質疑応答では非常に活発な議論が行われ、当初の予定時間を10分強ほど超過して、盛会のうちに終了しました。

「Biosensors in Environmental and Clinical Monitoring ~Recent Achievements and Future Prospects~」
講師: Jean Louis Marty 先生
University of Perpignan, France
日時/2018年11月8日 (木)16:30~18:15
会場/富山大学五福キャンパス 工学部 大会議室
世話人/鈴木 正康(生命融合)
PDFファイル 講演ポスター(309KB)

【セミナー報告】
参加人数:37名
フランス・Perpignan大学のJ.L.Marty教授は、酵素の阻害反応や抗体、アプタマー分子等を用いて、環境測定、ヘルスケア、食品分析 のための種々のバイオセンサを開発してこられたフランスの代表的なバイオセンサ研究者である。今回東京医科歯科大学の招きで来日された機会に本学でもご講演いただけることになり、この講演会が実現した。 当日午後4時30分から開催された講演会には會澤宣一工学部長をはじめ、関連分野の篠原寛明教授及び同研究室の学生、倉光英樹教授(理工学教育部)及び同研究室の学生、ファーマメディカルエンジニア養成コースの受講生の学生の一部、鈴木研究室の学生など総勢37名の皆様に参加いただいた。  講演は生化学者だったMarty先生がバイオセンサ研究を始められたきっかけから、現在の研究に至るまで多彩なバイオセンサについて紹介があった。特にアプタマーを用いたバイオセンサについての話が大半を占めた。アプタマーはDNAを材料として設計し、さらに人工的に分子進化させて測定対象により親和性の高い分子認識素子を創製するもので、従来のバイオセンサの最大の欠点であった不安定さの問題が解決できるので近年期待されている材料である。先生の講演から多彩な分子の認識が可能で応用分野が広いことに感銘を受けた。  1時間超の講演後は質疑応答が行われた。多くの質問が出され、Marty先生も大変熱心に答えられたので30分近くに及び、講演会は90分の予定時間を10分以上超えて終了した。
 

2018年9月

「植物細胞の増殖・分化能を制御するRNA代謝制御系」
講師:大谷 美沙都 先生
奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
日時/2018年9月18日 (火)17:00~18:00
会場/富山大学五福キャンパス 理学部A424講義室
世話人/井川 善也(生命融合)・甲斐田 大輔(医学部)
PDFファイル 講演ポスター(113KB)

画像:講演の様子 【セミナー報告】
参加人数:37名
植物は動物と異なり分化全能性を持つという特徴があります。植物の分化全能性は、様々な植物ホルモンや遺伝子発現パスウェイなどで制御されていることは知られているものの、その詳細なメカニズムは未だ不明の点も多く残されています。大谷美沙都先生は、カルスからのシュートや根の形成に異常のある変異体の解析から、mRNA転写後調節機構であるスプライシングに関する因子が植物の分化全能性に必須であることを発見しました。さらには、これらのスプライシング関連因子の変異により、分化に関連する転写因子の発現が活性化され、分化全能性に影響を与えることも見出しました。セミナーでは、これらの研究結果と、さらなる研究の展望に関してお話しいただきました。植物と動物のRNA制御のメカニズムには多くの相違点があり、それぞれの生物としての特徴を生み出す要素の一つであるということが示され、今後の研究を通して進化の謎にも迫れるのではないかと期待されます。本セミナーは第六回富山RNA倶楽部と併催されたため五福・杉谷の両キャンパスからRNA研究者(教員・学生)が参加しました。また理学部からは植物関連分野の研究者も多く参加し、多方面からの活発な議論が行われました。(報告者:井川(生命融合)・甲斐田(医学部))
 

2018年6月

「ヘテロ環構築を鍵とする生物活性天然物の合成」
講師:菅 敏幸 先生
静岡県立大学薬学研究院 教授 菅 敏幸 先生
日時/2018年6月29日 (金)16:30~118:00
会場/富山大学五福キャンパス 工学部 大会議室
世話人/豊岡 尚樹
PDFファイル 講演ポスター(324KB)

画像:講演の様子 【セミナー報告】
参加人数:90名
今回、静岡県立大学薬学研究院、菅 敏幸 先生をお招きして特別講演会を開催した。内容は、生物活性天然物の合成に関するもので、特に生物活性天然物の構造単位として様々な骨格が知られているヘテロ環を独自の方法論を用いて構築するものである。その戦略は、効率的なヘテロ環構築をいかに行うか、そのために必要な新規合成手法の開拓である。新規合成手法に至った経緯、考え方から詳細な反応機構に至るまで、丁寧に説明いただき多くの学生を大いに刺激した講演会であった。 具体的天然物として、ハイブリッドポリフェノールであるソフラフラバノンや特異な構造を有するTAN1251Cが紹介され、その全合成に関する講演であった。
  画像:講演の様子

大変興味ある内容であったため、活発な質疑応答があり、予定の90分を超えての講演会となり、充実した講演会であった。

「ACTIVITY OF STRIATAL,PREFRONTAL AND LOCUS COERULEUS NEURONS IN RATS PERFORMING SET-SHIFTING TASKS」
講師:Sidney Wiener (シドニー ウィナー)先生
日時:2018年6月27日 (水)17:30~19:00
会場:富山大学杉谷キャンパス 共同研究利用棟6階共同棟会議室
世話人:西条 寿夫
PDFファイル 講演ポスター(486KB)

画像:講演の様子 【セミナー報告】
参加人数:25名
統合失調症やうつ病などの精神疾患では、各疾患に特徴的な症状の他に共通して認知機能(記憶や学習、判断)の障害がみられる。認知機能は社会生活を送る上で必須の機能であり、近年、患者のQOL向上にはこの障害を改善することが重要であると考えられている。以上から、認知機能の脳内メカニズムの理解は、人間理解だけでなく疾患の治療の観点からも大変重要な課題である。Wiener博士(コレージュドフランス、リサーチディレクター)は認知機能の神経生理学的メカニズムの研究の第一人者である。Wiener博士らは、課題遂行中のラットの多数の脳領域からニューロン活動および局所電場電位を記録し、解析している。特に、注意セットシフト課題(ヒトのウィスコンシン・カード分類課題と類似したもの)をラットに行わせることで、学習などの個体の内面的な変化に対応する神経活動を、呈示される感覚刺激や課題遂行に伴う運動に対する神経活動と混同することなく解析することに成功している。講演では、同課題を用いたWiener博士らの最新の研究成果が発表された。まず、前頭前野において、ルール変化やその後のルールの学習に対して相関して活動を変化させるニューロンが存在することが示された。次に、これらのニューロンと海馬の脳波(シータ波、リップル)との相関が示された。最後に、線条体におけるルール変化に伴う神経活動と、青斑核におけるノルアドレナリンニューロンの活動の計測結果も示された。以上のように、講演は多数の脳領域がそれぞれどのように働き/協調することで認知機能を実現しているのかに関して、多くの示唆に富んでおり、参加した多くの大学院生および教職員と活発な議論が行われた。
 
ページ上へ
プライバシーポリシーこのWebについてアクセシビリティサイトマップ